- 1-

1 とらちゃんご紹介 6 ごあいさつしてからね 11 起こしちゃうぞ〜
2 ご紹介その2 7 だっこしちゃうぞ〜 12 いぬの真似
3 おやばか 8 暑くてへろんへろんなのよ 13 カーテンの隙間
4 ダ ニ 9 ねこべろ 14 やられたぁ
5 さみしがりや 10 うちの子でありがとね 15 はずかしいよ

はずかしいよ

先日のこと。
玄関からとらちゃんがちょろっと表に出た時、マルチーズを抱っこしてお散歩させている
おじさんが通りました。
すると目ざとくマルチーズを見つけたとらちゃん、玄関の中に戻って、そこから総毛立てて
「ぐぅぅ〜」と唸り始めたのです。
おじさんはとらちゃんの行動のすべてを見ていたらしく、かなり面白そうに笑い転げながら
マルチーズに「あんなところから唸ってるよ、ほら。」と教えてます。
とらちゃんは・・・そういうネコなんです。
わかってはいるけど、やっぱり飼い主ははずかしい(^^;

やられたぁ

とらちゃんがうちの子になって1年少々・・・、とうとうやられてしまいました。
まっ、私が悪いんですけどね。ぽんぽん玉で遊んでて、とらちゃんの前足の動きに
つられて手を出してしまったから。
でもしつけはしつけ。
「これ誰がやったのぉ?誰がやったのぉ?」としつこく教育的指導らしきことをして
しまいました。猫に引っかかれるって痛いもんですね。
今日仕事が休みでヨカッタです。これ、きっとパーマ液とかめちゃくちゃしみそうだもん。

カーテンの隙間

とらちゃんがここにいるときはちょっと危険。
なぜなら、カーテンのぼりを始めることがとっても多いから。 
拾ってきたばっかりのちっちゃーいとらちゃんならまだしも  
今のとらちゃんが薄いレースのカーテンをよじ登ったりしたら
カーテンはあっという間に切れてしまうのです。
そうしてぶっち切ったカーテンはすでに数枚にのぼり・・・
困ってます。

 

いぬの真似

とらちゃんはぴあたちが誰か来たときに吠えたりうなったりするのを見ると、
ぴあたちと一緒になって「ううぉぉぉ」と吠えて(?)みせます。
もちろん猫だから犬みたいにはいかないけど、たぶん自分ではああ言う風に
言ってるつもりなのねとわかる程度には似てます。
でも、そうやって吠えたりうなったりするのはあくまでも部屋の中でだけ。
だってとらちゃんて、すっごい臆病だもん。
そんな姿が笑えるのです。

起こしちゃうぞ〜

とらちゃんは毎朝、時計でも見てるみたいに正確に起こしにきます。
母のところには6時ごろ、私のところには7時40分ころに・・・
もうとっくに起きているんだけど、朝には弱いので完全に目がさめるまで部屋でのんびり
テレビなんか見てるわけです。
でも部屋から出てこない私をまだ寝てると思うらしく、ドアをガリガリガリガリーッとひたすら
かきまくる。それでも出てこないと「ぅにゃーぅにゃー」と鳴きまくる。
私としてはなるべく時間ぎりぎりまで転がっていたいんですが、結局根負けしてしまうのです。
だって、うるさいんだもん。

最初はこんなんじゃなかったけど、いつのまにか覚えて習慣になっちゃったんですね。
うれしいやら、でもちょっと迷惑やら・・・。

うちの子でありがとね

ちょっとさみしいこの頃。やたらととらちゃんを追いかけまわしている私です。
とらちゃんはきっとものすごーく我慢して、私に抱っこされてくれているのでしょう。
でもとらちゃんのやわらかさや、あたたかさになんだかとってもほっとするのです。
ぴあやぷちのでっかい体ではこうはいかないな〜と思うたびに、とらちゃんがうちの子で
よかったと思うのでした。

ねこべろ

猫のベロがあんなにざらざらしているとは知らなかったので、
初めてなめられたときは「うひゃ〜」となってしまいました。
だいぶなれた今でもやっぱり痛い(T_T)
これもとらちゃんの親愛の情だろうかと、我慢してます。

                                      


.


夏やせしてすっかり小さく
なったとらちゃん

暑くてへろんへろんなのよ

最近暑いせいか、とらちゃんは転がってばかりいます。
フローリングの床に這いつくばって、床があったまってくると少し移動して・・・
そうしてあちこちを生暖かい床にして歩くのです。
一時夏バテでご飯もあまり食べなくなっちゃたけど、いわしのおかげで少しモリモリしてきました。
でも、前に比べると少し太ったというか元に戻ったかな?
食が細いって、なんか心配しちゃいますね。

だっこしちゃうぞ〜

とらちゃんが来るまで、うちには抱っこできる子がいませんでした。
ぷちもぴあも抱っこできたのは子犬の頃、ほんの少しの間だけ。
ちょっと大きすぎるんですよね。
そんなわけで、とらちゃんを見るたびに「だっこしちゃうぞ〜」と
追い掛け回していたら「だっこ」というだけで逃げる様になってしまいました。

でも最近、けっこう抱っこさせてくれるんですよ。あまりのしつこさにあきらめたのかな?

ごあいさつしてからね

とらちゃんは出かけるときはだいたい「ニャンニャーン」と声をかけてから行くことが多く、
帰って来たときも大きな声で「ニャンニャーン」と鳴きながら階段を降りてきます。
ところが部屋に誰もいないとかなり心配になるらしく、誰かの姿を見るまで鳴きながら
家中をウロウロしまくるのです。
最初は遊びに行ってきてすっきり機嫌よく帰ってきたと思ったのに、何で鳴いているんだろう
って思ってたんだけど、どうも「もしかしてひとりきり?」というシチュエーションが不安らしいのです。
あんまりうるさいので様子を見に行くと、もう離れません。
かわいいんだけど、あんまり甘えん坊でも困っちゃうんです。

さみしがりや

猫は気ままだと聞いてたんだけど・・・
もちろん外にも遊びに行くんだけど、家にいる間は家族のそばにいます。
日中忙しくてかまってやらなかったりすると、夜中張り付かれたりもします。
外出から帰ってきた家族をお迎えするのもとらちゃん。
待ちかまえていたように玄関にちょこんと座っていて、とっても可愛い!!

本当なら犬が、と思うんだけども、思いっきり横着に成り果てたぴあとぷちは
お迎えには来てくれないのであります。



大好きなぽんぽん玉をにぎりしめて

ダニ

とらちゃんが来てはじめての夏、猫ノミの話を聴いて早くから警戒はしていましたが、
ノミではなくダニが・・・しかも6ミリくらいの黒ごまのようなのがくっついていたのにはびっくり。

最初はまたハナクソつけてるなって思ったんですよね、それで指でピッとはじいたらぷるんと
揺れるではないですか。
ハナクソがぶらさがってゆれるのか?と思ってよく見ると小さな足が・・・
私は虫が大の苦手なので思わず「ぎゃっ」となってしまいましたが、もっとショッキングなのは
今の季節セミが多くてこれをとらちゃんが捕まえてくること。
猫はやると聞いてはいたのですけど、実際床の上に転がっているセミを踏みそうになると・・・
今日もセミをちりとりに乗せ、外に持っていく私。
持ってくるなら片付けもしてくれれば言うことないんだけど・・・。

おやばか

とらちゃん、とってもいい子らしいです。(親ばかと言われてもいい)
猫を飼ったのは初めてなのでよくわからないんだけど、猫を飼っている人に
とらちゃんの話しをすると、
「それはいい子だ」といわれるので調子に乗ってそうかな?と。

とらちゃんがうちに来て10ヶ月、まだ一度もひっかかれたことがありません。
抱っこして下ろすときに、つかまろうとして爪が立っていることはありますけど、
それ以外でひっかかれたことは皆無。
シャンプーのときも暴れますけどひっかかれはしませんでしたし。
あんまりおりこうさんではないのではないかと思ってたんですけど、
でもやっぱりおりこうさんなのか・・・

ご紹介その2

好きな食べもの かつおぶし・にぼし・みそ・のり
好きなもの ウサギの毛のぽんぽん玉
性格 さみしがりや・甘ったれ・内弁慶

とらちゃんご紹介

愛称とらちゃん(そのままです)
雑種ねこ/♀
たぶん満一歳くらい?
とらちゃんが我が家にやってきたは、去年の9月。
近所のスーパーの駐車場に一人で住んでいたようです。
私がてれてれと歩いていると、足元にまとわりついて、
にゃーにゃー話しかけながらついてきてしまいます。
困ったなぁと思っていたところを、とらちゃんにえさを
やりにきたおばさんに見つかってしまいました。

そのおばさん、あろうことか私に
「あなたになついているみたいだから拾ってあげたら?」
というではないですか。
なついているといわれても知り合ったのはついさっき。
しかも、うちには10年選手のプチとピアがいるので、
「はい、そうですね」と連れて帰るわけには行かなかったのです。

でも、結局おばさんの
「私があなたのうちまで猫を連れていってあげるわ」の一言に
押し切られる事に。そのおばさんは言葉どおり、私の了承も
得ないうちにとらちゃんをがしっと抱きかかえ、私の家まで
連れてくると玄関に放すが早いか、消え去りました。
それ以来、我が家の家族となったわけです。

余談ですが、とらちゃんを拾ったいきさつを誰かに話すたびに、
「そのおばさんが捨てたんじゃないの?」と言われます。
真実は藪の中ですが・・・
 


我が家に来て二ヶ月目くらいの
とらちゃん。

 

   

Copyright © 1998 - 2004 by p`s room. All rights reserved.
サイト内の画像・文章の無断転載を禁じます。

SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー