- 6-   

76 開けてぇ 81 みけちゃん 86 大流行
77 しょぼ2連発 82 仲良しこよし 87 大事件
78 外猫家族 83 外猫家族3 88 リニューアル 
79 外猫家族2 84 外猫家族4 89 ちびた 
80 一太郎その後 85 また新しい家族 90 新たなる庭猫

新たなる庭猫

あえて庭猫と書いてみました。
本当にうちの庭に住んでいるからです。
おれたは本当に古参の猫になりました。
たぶん来るようになって5年くらいかな?
実際にうちの庭に住み着いてからは3,4年目くらい。
最初は犬小屋の上に置いてあった段ボール箱に住み着いて
犬小屋が空き家になると、小屋の中にお引越し。
小屋がいらなくなって、撤去されると家庭菜園用の深い
プランターに入り込んで寝起き。

冬はそれじゃいくらなんでも寒いので、今は納戸に
入り込んで寝てます。ずーずーしいです(笑)
おれたが入る納戸は、いつも10センチくらいの隙間
を開けておいて、出入りが自由にできるようになって
います。下から2番目の棚にはわらも敷いてあるという
素晴らしい?環境となっております。

しゃーすけさんは、代々このへんのボスの家系で、
その家系のコは代々同じおうちに住んでいました。
ノラのひげちゃんもこの家系で今もそのおうちに住んで
いますが、ひげちゃんがしばらく姿を見せなくなった時
取って代わったのが、このまだ若いしゃーすけです。
若いけど、おそろしいくらい貫禄十分です。

しゃーすけさんは、自分の元々の住処から道を挟んで
はす向かいのうちの庭に移ってきました。
うちの外猫ハウスならぬ、発泡スチロールの箱を一つ
ぶん取って、そこに収まっています。
この写真には写っていないけど、しゃーすけさんは長い
しましまの素敵なしっぽをしています。
この姿は、私が以前とっても仲良しだったしっぽちゃんと
瓜二つで、ついしゃーすけさんを猫かわいがりしてしまう
わけです。可愛がられてるのがわかるのか、どんどんと
態度は大きくなるばかりです(笑)


↑おれた
↓しゃーすけ

ちびた

布団で寝ているのは外猫のちびたです。
なぜ外猫が家の布団の上で寝ているかというと、年末まだもう少し小さかった
ちびたはひどーい風邪を引いてくしゃみ連発、鼻水ダラダラ。
いつも誰よりも貪欲に食べる(笑)ご飯もまったく食べられず、外のハコで
じっと丸まっていたのです。
大晦日で、もし急に具合が悪くなったら獣医さんに連れて行くこともできないし。
なので正月休の間だけ家で保護することにしたのですが…

おっそろしく頭よいやつなのです。
ゲージなんか簡単に開けちゃう。
開けられないようにゲージの扉とネットをヒモで結わえておいても、それもちゃんと
ほどいてあるし。むむむ
不思議なことに、昼間はやらないんです。夜中だけ。
朝起きると、おにいちゃんやこまちゃんたちと一緒に猫布団の上に丸まって寝てる。
おにいちゃんたちは、慣れちゃって気にしてないらしい。

母は、風邪も治ったし、そろそろ外に出そうというんですけど、こんなんで外に出て
くださるものなのか…せっかくなので去勢も済ませてからと考えています。
で、ますますうちに居着いちゃうんじゃないかしら?


リニューアル

このたびBBに乗り換えて、URLも容量も変わることになったので、サイトの見直しをしました。
前は自作の素材を使っていましたが、素材を作る時間がないので、今回からは素材サイトさんで
頂いてきたものを使わせていただいています。
ちなみに、このかわゆ〜い猫アイコンは、『おりんちゃんのにくきゅう』さんから頂きました。

とらちゃんがうちに来てから始めたにゃんこべやなので、かれこれ足掛け7年目に入るころでしょうか?
早いものです。

今回、にゃんこべやを一から見直してみて、通り過ぎたにゃんこたちの多さに、改めて驚きました。
幸いといいますか、家の中にいる猫はみんなつつがなく過ごしています。
病気のある子達も、症状がないまま落ち着いて暮らしてくれていることは、ありがたいことです。

パソコンの調子が長らく悪かったので、更新などもずっとお休みしていました。
新しいパソで、新しい環境で再開できましたので、お休みしていた間の出来事なども、これからぼちぼち
UPしていこうと思っています。

こまちゃんがおうちに入ってきたところまでしか、書いてなかったんですよね(^-^;
その後、にゃーにゃー(現にゃーすけ)、ながちゃん、おにいちゃんがうちの子になりました。ははは
それに、うちの庭に住み着いているにゃんこたちも、オレタ以外がらりと顔ぶれが変わりましたし。
これからもよろしくお願いいたしますm(__)m

大事件

まず、前に紹介したニャーニャー、写真だとちらっとだけ
見えますが、この足の怪我から3年半にして、ようやく
保護に成功しました。
今、入院中です。本猫の気性が非常にきついことと、
けがが本当にひどかったので、獣医さんのたくさんいる
ところのほうが手があっていいのじゃないかと、少し遠い
けど大きい獣医さんにお願いしました。
今までデジカメで診てもらっていた先生には、断脚しか
ないなーと言われていましたけど、今のところでは、まず
足の筋肉を盛り上げ、皮で傷をふさぐことができないか、
やってみるということ。
それでダメなら断脚を考えようということでした。
時々面会に行くと、母には「にゃ〜」と可愛く鳴くくせに、
私が声をかけても「シャーッ」・・・ひどい(T.T)
保護したとき、私ががしっとやったので、きっと絶対恨み
に思ってるんだと思います(涙)

Image16.jpg (13132 バイト)
昔のニャーニャー
それと、もう一つ、どちらかと言うとこの方が精神的にはショックな事。
この、ニャーニャーが猫白血病ウイルスに感染していることがわかり、
いずれ退院したら、引き取らなければならないので、うちの猫軍団も
抗体検査とワクチン接種することにしました。
4匹は、すべてマイナスでしたが、きーちゃんだけ、猫白血病と
猫エイズのダブル感染をしておりました。
2年前、検査した時は、すべてマイナスだったことと、きーちゃんは
普段非常に温厚で、ある一匹以外とはケンカしたことがなかったので
油断していました。
きーちゃんがかまれたケンカをしたのは、その子だけで、飼い猫なので
なんとなく大丈夫だろうと思ってしまっていましたが・・・。

もう、今から何を言っても遅いので、とにかく、これ以上の感染を避ける
ため、もちろん外出は禁止、家の中でも他の4匹と完全に別にしています。
幸いというか、うちは、父が亡くなってから部屋にちょっと余裕があるので、
住み分けもうまくできるようになってきました。
他の猫たちも、今は外出禁止で、室内飼い改造計画続行中です。

きーちゃんは、外に行かなくなって、免疫力をあげる食事をするようになってから、
信じられないくらい毛並みがよくなり、きれいになってしまいました。
もちろん、出かけないからキレイというのはあると思いますが、それにしても、
毛艶がピッカピカ!
それに、シマの色がすごく濃くなってきたのです。ナゾです。

今までは、他の子たちのご飯も食べまくって、おなかはポンポコでしたが、
今は毎日決まった量しか食べないので、少しやせて、スタイルもよくなったし。

とにかく、発症させないように、できる限りのことをしようと思っています。
・・・とはいえ、毎晩きーちゃんに踏みつけられながら寝ることになった
私の寝不足はまだ当分続きそう・・・

 大流行

新しい家族を紹介するはずでしたが、くろちゃんがウイルスを持って帰り、
一家五匹に感染してしまいました(涙)
張本人のくろちゃんととらちゃんは非常に軽くすんで、もう全快だけど・・・

きーたんは、だいぶ回復して、いまはちょっと鼻がぐずる程度。
お薬飲んでます。
いったんと新しい家族、こまちゃんが問題なのです。
最初は軽い風邪って言う感じで、とりあえずくろちゃんと同じお薬を飲んでました。
ところが、二日目の夜くらいから急に発熱して。夜だったので翌日獣医さんに行き、
二匹とも注射とお薬をもらってきました。
注射するとよく効くようで、次の日はだいぶ楽そうでしたけど、今日はまた少し
熱っぽいかなぁ・・・?
ただ、最初ほど高熱ではなくなりましたが。

こまちゃんはうちに来てすぐの時に、獣医さんに連れて行って、大パニックになった
ことがあったので、気持ちが安定するまでと考えて、まだワクチンを打って
いませんでした。
いったんは、去年ワクチンを打ってるので、もう少し軽いんじゃないかって
甘く見てました。
・・・(涙)

それでもいったんは、くろちゃんの治りかけの時と同じような症状になって
きたし、こまちゃんはご飯を食べられるようになったし。
少し安心できるところもありますが。

一応明日あたり、もう一度獣医さんに行く予定です。

で、この獣医がまた一仕事なんですなー。
こまちゃんは、環境の変化が非常に大きなストレスになる猫で、獣医さんなど
行ったあとは固まってしまいます。
うちに帰ってきて自由になっても、一晩くらい隠れていることなんてざら。
具合が悪くてそうしてるのか、ショックからそうなってるのか微妙なのです。
とにかく、かわいそうではあるけど、具合悪いのを放置するのはもっと
かわいそうなので・・・

Image31.jpg (10733 バイト) Image81.jpg (9176 バイト)
意外とナーバスなこまちゃん 意外に虚弱ないったん

 

また新しい家族

下のちびたんというオスネコ、うちの子になってしまいました〜(笑)
もうね、やばいって感じですよ。
一年に一匹づつ増えていて、とうとう5匹になってしまいました!

ちびたんは、今『小政(通称コマちゃん)』という名前をつけられ、我が家でのんびりと暮らしています。
なぜそうなったかというと、コマちゃんがある日、頭と首の周りをツルツルにしてご飯を食べに来たから!
あまりにも突然きれいに毛が抜けてしまったので、こりゃタイヘン!!と、いつものごとく保護し、
獣医さんに連れて行ったわけです。
しばらくケージで暮らして、首の周りはきれいになったんだけど、今度は足の付け根が抜けてしまって。
ノミアレルギーでは?ということでフロントラインとノミとり首輪をつけ、今は小康状態のようです。
ひどくはなってないけど、まだそれほど良くなっているともいえない状態。

最初はうちに入ってくるのをためらっていましたが、今では誰よりも早く帰ってきて一番暑い時間は
室内の涼しいところでお昼寝(笑)
そのうち画像もUPする予定です。

外猫家族4

Image12.jpg (10903 バイト) この頃新たな顔ぶれが増えました。

←いかにもノラ〜という風貌です。
この子は通称シロちゃん。
下顎が奇形らしく、ひどく歪んでいますが
非常にたくましく、強いコです♪
みんなにご飯をあげると、誰よりも早く
一番大きいかたまりを奪って走り去って
行きます。
左目の下は、ずいぶん前に怪我をして
それっきり傷跡になってしまったようです。

→こちらは通称ハナタレ 
これがまー、オレタやおにいちゃんたちと
よく似た模様で、勢揃いしているところを
上からのぞくと誰が誰だかわからないくらい。
ハナタレは、何処か悪いのかなぁ?
やせてるし毛並みも悪いんだけど、鼻が
いつもつまってるみたいで、鼻息がね、
他の子たちと違います。
そんなに強いわけではないんだけど、
上から4番目くらいかな?

Image13.jpg (11736 バイト)

Image14.jpg (9023 バイト)

←通称ちびたんで〜す。
昨年交通事故で亡くなったみけちゃん
の兄弟猫。
毎日うちでご飯を食べるので、ふっくら
ツヤツヤです(笑)とにかくよく食べる!
弱いのに、ご飯を頂くときだけは別。
掠め取るのがうまいのなんのって。
これもまた生きる知恵?
うちのいったんより幾分生まれが遅いので
生後9ヶ月くらい。

それにしては見かけはリッパなのよね。
馴れてくれそうな感じなので、去勢も
考えているこの頃です。

→この子もシロちゃんと呼んでます。
だって白いしね・・・(^o^;
いつもいるというわけでないですが、
よくやってきます。
ノラですが、あまり強くないみたい。

いつも逃げ腰です(笑)
Image16.jpg (4217 バイト)
Image15.jpg (10941 バイト) 足をケガしているにゃーにゃーです。
左前足のお肉が見えてる状態なので、
とにかくみんなびっくりしちゃう!けれど
すでにその足で一年8ヶ月生きてます。
犬小屋の上に置いてあるダンボールと
小さい座布団がお気に入りらしく、夜は
ここで寝ているようです。
保護しないことにはどうにもならないので
なんとかしたいとずっと思っているのです
が、ケージで保護しようとしてもほぼ
3本足なのに、えらく逃げ足が速い!
傷が化膿しているような時だけは、抗生
物質を飲ませるようにはしているんです
けど。
手負いのせいか、一年半以上ご飯を
あげていてもずっと警戒されたままです。

外猫家族3

a-choko3.jpg (9664 バイト) ←相変わらず人懐こい、いったんママの
ちょこたん。
このごろ、いったんを産んだダンボール
箱を住処に決めたようです。

昼間はいませんが、夜になると必ず
帰ってきてご飯はうちで食べます。
うちの中に住んでないというだけで、
うちの子という方がむしろしっくりします。
ながちゃんです。→
ちょこたんとは姉妹。
ちょこたんより足長&しっぽ長&鼻高し。
よーく似てるけど、なんか違う(笑)
ながちゃんは機嫌いいのかなーって思ってると、
突如ツメを出すというよく
わからんお嬢さんです。

後にいるのはオレタ。

a-naga1.jpg (10292 バイト)

a-onii1.jpg (12694 バイト) ←こちらは通称おにいちゃん。
はっきり言って、最初はながちゃんと
区別つきませんでした。
でもよく見るとおにいちゃんはトラ模様の
黒いところがながちゃんやちょこたんより
ずっと黒々してます。
それにしっぽが、ながちゃんのしっぽの
半分くらいの長さ。
もちろん今はしっぽ見なくてもわかります。
ある日突然すごーく人懐こく変身して
こちらがびっくりです。
この子はオレタです。→
オレタのしっぽは背中にくっついてます。
立ったしっぽを通り過ぎて、背中の方に
折れ曲がってるという感じ。

しかもピカチューのようにジグザグに
曲がったしっぽなんです。
ちょ〜変わったしっぽです。(笑)
最初うちに来るようになったときは、
ちょっとそばに寄っただけでもウー・・・
でもこの頃は『オレタ』と呼ぶとニャー。
なかなかおりこうさんです。
住まいはうちのぷちの犬小屋の上です。

a-oret2.jpg (7336 バイト)

a-oret1.jpg (6955 バイト) 

写真を見たらオレタと勘違い!
実物はちょこたんと勘違いされる
ことの多い正体不明子ちゃんです。
まだうちに現れるようになってから
それほど経たないので、よくわからないのです。
でもちょこたんたちより少し年上じゃないかなぁ?
小さいのに貫禄あるし。

なんとなくそんな感じ。
オレタと正体不明子ちゃんです。
なんか家族みたいだぞ〜(^o^;
ところで、上からちょこたん、ながちゃん
おにいちゃん、オレタ、正体不明子ちゃん
とトラネコが続きましたが、区別つきます?
a-sima3.jpg (11834 バイト)
a-siro1.jpg (11385 バイト)

この前交通事故でなくなったみけちゃん
兄弟猫です。

男の子で、えらく声がデカイ・・・
この子が鳴いてると、どこで鳴いてても
すぐ『ヤツだ!!』ってわかるくらい。
まだ小さいけどみけちゃんの分まで
大きくなれよ〜(涙)

a-sima2.jpg (14282 バイト) a-sima1.jpg (10791 バイト)
↑おにいちゃんとちょこたん

↑ながちゃんとみけちゃんの兄弟クン。

         

 

仲良しこよし

この二匹、本当に仲良し。
きーちゃんはいったんが見当たらないとすぐ探し回るし、いったんもきーちゃんとはぐれて帰ってくると、
大騒ぎです。自分のなわばりにいったんを伴って行くぼっちゃりと太った姿に、いったくんのママと
勘違いする人が続出してしまうほど。
先日、きーちゃんのワクチンを打つ時に、いったんも一緒につれて行ったところ、先生にすっごくきれいと
ほめてもらいました。
毛並みはツヤツヤだし、耳の中までキレイキレイしてあるってことで。
これ、飼い主がやってることじゃないんです。
すべてきーちゃんの仕業。やっぱママかも(笑)

a-ki_iti1.jpg (8302 バイト) a-ki_iti3.jpg (8389 バイト)
a-ki_iti4.jpg (8447 バイト)←変な顔二匹(汗)

みけちゃん

このごろ、いったんのかわいいしぐさに笑い転げることが多かった我が家で想像もしなかった事件が起きました。
たくさんの、ご飯を食べに来るノラちゃんの中で、たぶんもっとも顔ぶれの新しい子猫がうちの前で、私の目の前で
車に轢かれてしまったんです。
轢いた車はそのまま行ってしまいましたが、子猫は前足で這いずって繁みに逃げ込みました。
見慣れない小さな三毛猫でした。
近寄ると激しく威嚇するので、バスタオルで包み込んで獣医さんへ行くと、腰骨が折れていて回復の見込みは
かなり厳しいということでした。
若いことに期待をして、数日様子を見ることに。
でも結局内臓もやられており、安楽死を迎えました。

その安楽死を承諾したのは私です。
私は飼い主ではありませんでしたが、動物病院に連れて行った時から彼女の保護者になったのです。
でも、彼女に選ばれたわけでも、一緒に暮らしたわけでもない私が、彼女の猫生の最期を決めてしまうのかと思うと
どうしようもない気持ちでいっぱいになってしまいました。

のらちゃんはみけちゃんと名づけ、うちの子として火葬し、埋葬してもらうことになりました。  
それでよかったのか、今もって私にはわかりませんが・・・ 


一太郎<通称いったん、またはいったくん>その後

狸を避けるためと、ウワサの大型台風を避けるため
家に入れたが最後、しっかり居着いてしまった一太郎です。
とにかく家がすき。
大人の猫たちが遊びに行っている間も、家でごろごろ。

一時間くらい外に行ったら長いほうというくらい、一日の
ほとんどすべてを家で過ごしています。

iti-2.jpg (10596 バイト)

で、この一太郎、すっごいおしゃべりで
甘えんぼ、その上泣き虫です。
小さいせいもあるけど、うちの
きっついとらちゃんやくろちゃんに
いじめられてはピーピー鳴いてます。
でも、そんな時きーちゃんがうまい具合に
やってきて、毛繕いしてやったり
遊んでやったり。
一太郎もきーちゃんのことは大好きみたいで、
いるときはきーちゃんの
金魚のフンです。
この頃はママのちょこたんが来ても、
きーちゃんがいたら、きーちゃんといるくらい。
すっかりうちの子みたいな一太郎です。

 

外猫家族2

Image8.jpg (8654 バイト) 長いこと名無しでしたが、
ようやく一太郎という名前に

なりました。
私はトラジと呼んでいましたが
母がそれだと『とらちゃん』と
紛らわしいからダメって言うし。
せっかく呼びなれたのに・・・

一太郎は生まれたとき、四匹兄弟でしたが
結局残ったのはこの子だけです。
といっても、もう一匹タイツくんという子が
先週までいました。
姿を見なくなって一週間くらい?
何かあったのかなぁととっても心配ですが、
母猫が、先週くらいから親離れさせようと
していて、一太郎もこの頃の日中はほとんど
一匹で過ごしているし、タイツくんはかなり
早い時期から一人で行動していたようなの
で、旅に出たのかも・・・
希望的観測かもしれないけど。

Image3.jpg (9072 バイト)

Image9.jpg (12116 バイト) というわけで、ママに置いて
いかれると、うちの生垣や
植木バチの間で過ごしています。
うちの猫がばっちりなわばりを
ガードしてるので、安全地帯
なのかも。
水もご飯もあるし(笑)

近いうちにワクチンを打つ予定です。

 

外猫家族

p-choci2.jpg (7702 バイト)
↑→ちょこたんのベイビーちゃんの

うちの一匹です。まだ名なしです。
うー、かわゆいぞ!         

p-choci5.jpg (6763 バイト) p-choci3.jpg (6967 バイト)
太い足が可愛いよ〜

p-choko1.jpg (7340 バイト)

←→こっちがママ。
二匹並んでると、
子猫とそのちょっと
大きいお姉ちゃんって
感じ。
ちょこたん小さいです。
p-choko2.jpg (6090 バイト)
↓こちらはながちゃんです。ご飯中の方いらしたらごめんなさい。
ながちゃん、結膜炎でひどいことになっていました。
左からお薬使用前・使用中・使用後とでもいましょうか?
目やにはダラダラだし、浮腫はできちゃって、目をあけてても見えてるか?ってくらいで

心配でした。
一度治りかけて油断したらまたひどくなったりして。
でも今度こそ大丈夫そうでほっとしてます。
p-naga1.jpg (12552 バイト) p-naga2.jpg (10781 バイト) p-naga3.jpg (9918 バイト)
↓ながちゃん?ちょこたん?ていうくらい似てます。
たぶん、親戚だと思う。だって、顔の模様が似すぎてるもん〜!

でも男の子です。ちょこたんたちよりほんの少し年上っぽいから兄弟かな?
パパとは思えない・・・思いたくないとも言う(笑)

p-et1.jpg (11801 バイト)

p-et3.jpg (5118 バイト)

 

しょぼ2連発

p-ki1.jpg (8036 バイト) p-ki2.jpg (7831 バイト)
撮った瞬間、あまりのしょぼさに大爆笑!
きーたん、いくつかわからないんだけど・・・
こういう顔見るとふと不安になります。
実はおじいさんだったりして・・・?

毛の感触はけっこう若そうなんですけどね。

 

開けてぇ

うちでは、猫の出入り口用に窓を少し開けています。
その窓は障子もはめてあるのですが、窓が閉まってる時でも
障子の向こうに外があると思うんでしょうか?
障子はボロボロです。
そういうわけで障子を張り替えた時、一番下の枠は障子を
張らず、猫たちは窓は開いていても障子は閉まってる状態で
その開いたところから出入りしています。

とらちゃんもくろちゃんも、比較的体が小さいのでらくらく。
でもきーちゃんは、二匹に比べるとかなりデカイので、そこを
くぐり抜けるとき、アンパンのようにつぶれながらやっとこ
出て行きます。
それがめんどくさいのか、ドアが開くまで・・・というか、ドアを
開けてもらえるまでこうして待っているわけです。

その姿・・・けっこう可愛いんです♪
r-kita18.jpg (6618 バイト)
↑いつもひたすら待ち続ける
のであります。

   

Copyright © 1998-2004 by p`s room. All rights reserved.
 すべての文章・画像その他の無断転載を禁じます。

 

SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー