- 8 -   

106 今日のながちゃん 111 こちらも 116 みけちゃん
107 きーちゃん 112 ちびにゃ 117 バイバイおれた
108 似てます? 113 がんばってます 118 さみしい…
109 痛いけどね 114 ストルバイト 119 一歩手前
110 ひなたぼっこ 115 キャットニップ 120 放蕩娘の帰還1

 

放蕩娘の帰還1
我が家で避妊手術をして、外に出て行ったみっけちゃん。
時々戻ってきては、数日居ついてご飯を食べるだけ食べ、
また出て行くということを繰り返していました。

が、数日前にしばらくぶり帰ってきたみっけちゃんは、
びっくりするほどやせこけて、毛が抜けてハゲハゲになり、
目やにと鼻水で顔はグショグショ。

あまりのひどさに、もう一度保護してしばらくは養生して
もらうことになりました。

避妊手術のときにも、しばらくゲージに入って抜糸を待って
いたので、意外にスムーズにうち暮らしに突入。
この写真ではちょっとわかりにくいのですが、まだ鼻水
たらしています。目やには最初に比べるとかなり軽減して
このくらいなら問題ない程度になりました。
でもね、せっかくならもう少し太らせて、そして毛もすこし
生えてから外に出してやりたいなぁ。

こんなになる前にちょこちょこと帰ってくればいいのに…と
思うのですが、そればかりはいくら言って聞かせても、
わかってもらえないようです。

とりあえず、鼻づまりは猫にとってはよろしくないことなので
これが治るまではおうち暮らしだ〜!!ってことで。
放蕩娘の帰還その一でした。


一歩手前

おれたが死んでしまってからというもの、一日中ぐすんぐすんしているような毎日でした。
家の中にいた子ではないからこそ、の喪失感とでもいうのでしょうか。
うちの猫だと思っていたようなおれたと、私たちには絆があるように思っていました。

外を見ても、家の中にいてもおれたの気配が消えたことは如実に感じられ、そのたびに涙が
湧いて出るのです。

そうして数日泣いて暮らしたあと、ふと思いました。
こんな風に毎日おれたおれたと泣いていたら、おれたは心配して成仏できないかもしれないなぁ…
成仏できないで、私のまわりで浮遊霊かなんかになっちゃったらどうしよう!
それよりも、早く成仏して、早く生まれ変わってくれるほうがうれしいなぁ…

ペットロス一歩手前だったと思います。
でも、頭にこんな考えがよぎってから、泣くことはなくなりました。不思議なくらい、ぴったりと。
深い絆に結ばれていれば、きっとまたどこかでその魂とめぐり合うはず。
おれたとも、またどこかで出会うはずなのです。
ペットロスで苦しまれている方に、私の考えが当てはまるとは限りませんけれど…

私が送り出してあげることができて、本当によかったと今は思っています。

さみしい…

おれたが亡くなって二日、いつでも小首をかしげるように玄関の前にちょこんと
座っていた姿がないことが不思議なくらい。
いつものように、鳴きながら戻ってくるような気がして。

いなくなってしまったことが信じられずにいます。

バイバイおれた

ながちゃんの具合が悪くて、そう遠くないうちに逝ってしまうとずっと覚悟して暮らしてきた
この3ヶ月でしたが、全然違う猫が逝ってしまいました。

おれたは去年の夏に一度、ひどく衰弱して持ち直しているので、まるっきり突然の出来事と
いうわけではありません。でも、ほんの5日前はいつもの甲高い声で鳴きながら、ごはんを
ねだりまくっていたので、あっけない最期にショックを受けています。

前兆は6日前、咳をした拍子に血を吐いたことでしょう。
その時点で病院に連れて行けば、もしかしたらもう少し変わっていたのかもしれないと、
思わないでもないのですが…
一度も病院に行ったことのない猫を、ほんの少しの延命のために、最後の最後にそういう形で
ストレスをかけるのは本意ではなかったですし、まだしばらくはがんばってくれるだろうと
思っていた部分もありました。

血を吐いた翌日のおれたは、いつものようにご飯をよく食べました。おれたには去年の夏から、
ねだれば猫缶を開けてやっていたので、一日3回は猫缶を食べていたんです。

この頃は顔を見るたびにくれくれというので、一日4回とか5回とかちょっと食べすぎじゃないの
と思うくらい、食べまくっていました。
その時も咳をしても出血などはしていなかったのですが、たくさん食べた翌日から、ぱったり姿を
見せなくなりました。

一日半くらいは戻らないこともしばしばありましたが、三日目の朝辺りからさすがに心配になって、
名前を呼んで探してみたり。仕事のあと、なんとなく思いついて庭の物置を探すと、その中にあった
発泡スチロールの箱の中に隠れているのを見つけました。

ちょっと深めのスチロール箱に入ったものの、出る力がなくなってしまったようで、体も糞尿に
まみれた状態。すぐ家の中に入れ、体を拭き、玄関が開いている時にいつもおれたが入り込んで
いたお気に入りのダンボールにいれてやると、少し落ち着いた様子を見せたので、その夜は
眠ったのですが、朝には亡くなっていました。

もう硬く冷たくなっていましたので、たぶん深夜のうちに亡くなったのだろうと思います。
看取ってはやれませんでしたが、長いことよくなついてくれた猫が知らないうちに物置で
亡くなっていたなんていうことにならなくて、本当によかったと思っています。

おれたは、夜、家の中に入っていなかったというだけで、私たちにとって家族も同然でした。
おれたも犬小屋の上に置いてあった箱に住み着いたころから、我が家の庭を自分の家と決めて
いたと思います。
犬が亡くなって、犬小屋が空き家になってからはその中に移り住み、大きすぎて無用に庭を占拠
する小屋を撤去してからは、庭に猫用にしつらえたワラ床の発泡スチロールの箱を住処にして
いました。

朝、新聞を取りに行くと玄関の前で待っていて、朝ご飯をもらい、おでかけ。
昼ごろには帰ってきて、またご飯を食べ、開け放した玄関の中でお昼寝して、ちょっとおでかけ。
夕方にはまた戻ってきて、私の車の下でひと寝入りしてから夕ご飯。

ごはんをねだるおれたは、甲高くにゃあにゃあ鳴きながら、足に体をしつこいくらいすり寄せてくる
ので、よく踏んでしまったりしました。

車を出す時に、車の下をのぞいてもいないんだっけ…
玄関のドアを開けても、もういないんだっけ…
夜遅く帰ってきても、待ちわびたようにそこにいてくれたおれたはもういなくなっちゃったんだと
思うたびに、しばらくはさびしさをかみしめることになりそうです。

 
平成16年5月24日没 

みけちゃん

いつでも警戒心MAXだったみけちゃんですが、
この頃少し、変化が見られるようになりました。

前は、顔を見たら半径5m以内には近寄らない  
くらい、はっきり距離を置かれていましたが、
気がつくと足元にスリっと来たりして。

そしてなんとっ!
うちで暮らすようになって9ヶ月目にして、なでると
ゴロゴロ言ってくれるようになったのですぅぅぅ!
ちびこたんは、自分がなでてもらっていなくても
ママやみけちゃんが撫でられているのを見て、
ゴロゴロ言ってしまうようなコですが、みけちゃんは
どんなに撫でてもいつも刺すような目でじーっと
こちらを見てるだけだったので、そのゴロゴロを
聞いたときは『?』
みけちゃんが言ってると気がついたときは、ホントに
びーっくりしました。                   
そしてこれ、私だけにしてくれてるんです(▼∀▼)ニヤリッ  

私だけがトクベツっていうのもちょとうれしいなっ。

キャットニップ

わが庭住まいのしゃーすけ、ちょっと前に
二日ほど旅に出てボロボロになって戻ってきました。
今は自宅?にて傷を癒しているところ。

ところでしゃーちゃんは、またたびの枝より
キャットニップがお気に入りで、一株植えてあった
キャットニップがかわいそうなことになったので、
新たにミョウガの花壇のふちに植えたところ…
やっぱりこのように↓
思い切り顔や体をこすりつけております。
でも今のシーズンは、キャットニップも負けてないのだ。
ぐんぐん成長して、しゃーちゃんにやられてもやられても
こんもり大きくなり続けています♪

ストルバイト

ながちゃんが闘病を続けている中で、おにいちゃんが血尿を出しました。
毛布にオシッコしている現場を目撃したので、叱ったろーと行くと、
真っ赤な立派な血尿?だったので、叱るのも忘れ、即キャリーゲージに入れ、
獣医さんにまっしぐら。

そのときもって行ったオシッコでは尿検査ができなかったため、後日採尿
しなおすと、ストルバイトといわれました。

お友達のわんこちゃんもストルバイトなので、結石の症状だということはわかりましたが
今回新しく来られた先生だったので、説明などが十分に受けられなかったなんて
書いちゃってもいいのかな…

ストルバイトのスリープラスですといわれたのですが、それが何段階あるうちの
3段階目なのかなど、わからないうちに終わってしまい、ただ病気についての
パンフレットと処方食をもらってきた感じ。

いつもの先生だと、いい忘れや聞き忘れがあっても思い出したときに聞けるので
あとで聞けるくらいに思っていたら、それで終わってしまいました。
獣医さんだけでなく、人間がかかるお医者さんでもよくあることだと思いますが、
もちろんこれは私のコミュニケーション不足。
初めての先生なのに、いつもの動物病院だからいつもと同じで大丈夫と思いこみ
があったわけで。

でも、やっぱりいつもの先生に見てもらえる方が安心かなぁなんてチラと(^^;;
飼い主も遠慮なく、思ったときにびしびし聞かないとダメですね。
改めて反省なりよ。

さて、おにいちゃんですが、投薬と処方食で少し血尿がおさまってきた感じ。
みんなもおにいちゃんに合わせて、置き餌をなくし、朝と夜の2食に切り替えて
いるのですが、きちんと量って決められた分しか食べなくなったせいか、
おにいちゃん、やせてきました。
去勢手術の後、太る一方だったおにいちゃん、4kgくらいしかなかったのに
5.8kgまで太ってしまったおにいちゃんが、とうとうやせてきました〜
と喜んでいる場合でもないのですけどね。

薬も、最初はゴクンと飲んだ振りをして吐き出すとゆー高等技術を駆使していましたが
このごろは飲みなれたようで、一度で本当に飲んでくれるようにもなったし、
やれやれです。

 

がんばってます

もちろんながちゃんのことです。
しばらく更新さぼっておりましたうちに、先生に言われた
3月どころか4月も無事過ごし、5月を迎えてしまいました♪

と、喜んでばかりもいられないのですけど。
→この写真は3月中のものです。
今のながちゃんのお顔は、まぶたの浮腫が破けて出血を
くりかえしていて、お見せするのにはふさわしくないかなと
いう状態。

自分でキャットベッドから出てきて、動き回っていることも
ありますが、まるっきり動けないときもあり、小康状態とは
いえない様子です。
覚悟を決めた方がいいかも…と思って数日過ごすと、いつの
間にか少し持ち直して、またしばらくがんばってくれている。
それの繰り返しです。

目も見えなくなって、食事や水を置いただけではわからない
ので、持っていった時に鼻先に軽くくっつくようにおくのですが、
ご飯は少量ながらまだ食べてくれているので、食べてくれている
うちは大丈夫かな…なんて、甘い期待をしていたりします。


小さくてとっても可愛いながちゃん

ちびにゃ

こうして見るとホント荒んでる様子…
野良生活をしていればこうもなります。
久しぶりに戻ってきてからは、時々
顔を魅せるようになりました。
来ると、庭には入らず、私の車の下で
ジーっと待っています。
庭はしゃーすけの縄張りなので、避けて
いるみたい。
オレタが見えただけでも、さっといなく
なってしまうくらい、他の猫との接触には
神経質です。歩様を見ると、前足のどち
らかをケガしてるのかもしれません。

 a-nekocibi11.jpg (5887 バイト)
今のちびにゃと、再度登場(しつこい)若いころのちびにゃ

こちらも
窓辺にて。
いつもこの窓を開けて、こうしてずらりと並んで外を見ています。
レンジが使えないことがしばしば。
さて、何匹写っているでしょう?

答えは三匹。しっぽ見えてるのわかる?
→とらちゃんが隠れてました。

ひなたぼっこ

窓辺で。
こうしてみると、本当にやせてるなぁ。
更新できなかった数日の間に、食欲が落ちてきて
また少し小さくなってしまいました。

ホタテとマグロのレンジ蒸しをフードプロセッサーに
かけて、それをバターで香り付けしてみました。
これもダメかなーと思っていたんですが、しつこく
鼻につけて舐めさせると、思い出したように食べ
てくれ、完食。
ほんとはそんなぽっちじゃ、食べたうちには入ら
ないのかもしれないけど、ひとまずホッ。

痛いけどね

久しぶりに、ながちゃんにがぶーっとされました。
イッテー(涙)
ながちゃん、甘噛みしてるつもりだろうけど、
手加減してるとは言えないくらいに痛い…

でもずっと元気なくて、じゃれつくとかそういった
ことを全然しなくなっていたので、これはこれで
うれしいこと。
小康状態が少しでも長く続いてくれたらなーと
願うばかりです。

似てます?

上がこまちゃん、下がちびこです。
大きさは全然違うんですが、模様がそっくりで
一階でちびこをみて、階段をあがるとまた
ちびこがー?とよく見るとこまちゃんだったり。

遠目でチラッと見ると、サイズがいまいちよく
わからなかったりして、思いきり間違えることが
このごろよくあります。
でもちびこはこまちゃんみたいに、鼻にぶちは
ないんですけどね。

ちびこは保護してる猫で、一応他の子たちとは
別の生活スペースにしてあるんですが、気合と
根性で引き戸を開けて部屋を脱出し、夜は、こま
ちゃんやおにいちゃんたちと寝ている模様です。
ちびこがあけたドアの中には、ちびこのママ達も
いるんですけど、彼女達はこっちには来ません。
好奇心旺盛で積極的なちびこだけの冒険です。


きーちゃん

たまには、私の秘蔵っ子のきーちゃんも。
きーちゃんが私の部屋で暮らすようになってから、
早一年と少々が過ぎました。
私の部屋というよりは、すでにきーちゃんの部屋。

きーちゃんは、非常に規則正しい毎日を送っています。
朝、私が起きてから起きて、ひとまずじゃれつく。
ご飯を出すと、それを食べてまたひと寝入り。
仕事の合間に見に行くと、冬は私のベッドの中で枕に
頭を乗せて寝てます。もちろん体は布団の中(^o^;
少し暖かくなってきたこの頃は、机の上に置いてある
ムートンの座布団の上で昼寝。
机は、きーちゃんに分捕られて、書き物などは一切
できなくなりました。(;´д`)トホホ

でも、私の腕枕で寝ている姿なんて、とーっても
可愛くて、シアワセそうな顔を見られて満足(笑)

今日のながちゃん

今日はご飯いっぱい食べてくれました。
またホタテご飯です。
実は動物病院で、嗜好性の高い高カロリーのフードというのを
頂いたのですが、それは全然ダメでした(^o^;
ホタテと混ぜてみたのですが、ちょっと食べただけで、もう
いらないって(涙)
ホタテが万能というわけではないようです。
混ぜてよいのは、ササミとカルカンパウチのまぐろと舌平目、
まぐろと鯛など。

一番困るのは水分摂取です。
ながちゃんは、お水には一切口をつけないし、スポーツドリンク
の入った水にも興味なし。
なので粉ミルクをうんと薄めて、温めたものをあげてみたら
飲んでくれました。全部きれいに。
粉ミルク好きで、よかった♪

     

Copyright © 1998-2004 by p`s room. All rights reserved.
 すべての文章・画像その他の無断転載を禁じます。

SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー